ビジネスローンは銀行とノンバンクのどちらが良いか

ビジネスローンを利用するときに銀行とノンバンクのどちらが適しているのか比較が必要になります。

時間に十分な余裕があり、経営が黒字で金利を抑えたいときには銀行、急いでいたり赤字になっている場合などは金利が高くてもノンバンクを利用した方が良いです。なお、既に個人でカードローンの契約をしている場合でも新規にビジネスローンに申し込む必要があります。一般的にカードローンの用途は事業に使うことが禁止されているので、発覚すると問題になります。

銀行のビジネスローンの場合、貸し渋りなどが問題になってるように審査は慎重に行われるので厳しいです。経営状態が赤字になっている、税金の滞納がある場合などに利用できる銀行はほとんどありません。信用面に問題がない場合でも、そもそも提出書類が多くて手間がかかる、結果が出るまでの時間が長いなどのデメリットがあるので不便です。ノンバンクのビジネスローンでは銀行と比べると積極的に融資を行っているため、審査に融通が利き、結果が出るのも早いので急いでいるときでも対応できます。

金利が高くなるのがデメリットですが、借りることができなければ意味がないため、確実に借りたいときには金利は重視するものではありません。提出する書類も少なく、赤字経営や税金の滞納があっても契約できることが多いです。このように銀行とノンバンクでは借りやすさに大きな違いがあるため、状況に合わせて適している方を利用すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *