売掛債権担保融資がファクタリングと異なるポイント

売掛債権担保融資は、売掛債権を担保に融資を受ける方法です。

よく比較されるのにファクタリングがあります。こちらも売掛債権を基に資金調達をする仕組みで似ていますが、それぞれ異なる手段となります。そして、それぞれにメリットとデメリットがあるため、資金調達をする際に売掛債権を活用するならば、それぞれを比較して状況に応じて使い分けるのが得策です。売掛債権担保融資の場合は、債権を譲渡するわけではありません。あくまで担保にしてお金を借りるので、債権はそれまで通り自前で改修することになります。

しかし、万が一返済ができなくなった場合には譲渡されることになるため、売掛先の信用等を調べて融資を行います。また、売掛先が倒産してしまった場合はそのリスクは自社で負わなくてはなりません。一方、ファクタリングは譲渡してしまうことになり、リスクは一切負わなくてよいです。もちろん、そのためには審査がきっちり行われて、回収見込みのない売掛債権は受け付けてもらえないでしょう。

売掛債権担保融資の場合は譲渡通知は基本的にしなくてもよく、登記を行うことで済ませます。ファクタリングの場合も2社間で行うケースでは通知をしないで契約することもありますが、基本的には売掛先に対して通知をすることになります。そのため、取引先に対して知られたくない場合はファクタリングはあまり適しているとはいえず、売掛債権担保融資の方が良いということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *