資金繰りに困った時に使われる売掛債権担保融資

売掛債権担保融資は、資金繰りに困ったときに活用されます。

中小企業は資金力があまりありません。そのため、運転資金が枯渇してしまうことがあります。売掛債権が回収できればそれをなんとかすることができても、売掛金の回収には時間がかかります。

そんな時に、売掛債権担保融資を使うことで切り抜けることが可能です。これは、将来回収される売掛債権を担保としてお金を借りる仕組みです。担保として売掛金を差し出すので、無担保ローンに比べると審査に通りやすくなります。売掛債権担保融資は、担保として売掛金を提供しますが、譲渡するわけではありません。

そのため、取引先に対して通知を行う必要がなく、信用の低下につながることを回避できます。これが可能なのは、債権譲渡の登記をして対抗要件を備えるためです。これさえしておけば第三者にも対抗することができるため、取引先に通知するという本来の対抗要件を備える必要がありませんから、取引先に知られることは心配する必要がないです。売掛債権担保融資をしているのは、金融機関や貸し金業者です。

前者の場合は信用保証協会の保証制度を活用することができます。貸し金業者の場合はそれが利用することができません。ただ、前者の場合は審査に時間がかかることもあります。その点、貸金業者の場合は金利が高くなりますが、比較的審査はスピーディーという利点があります。そのため、ケースバイケースで使い分けるのが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *