売掛債権担保融資では売掛債権を登記する

売掛債権担保融資を活用すると、資金調達をすることが可能です。

売掛金の回収が先の場合でも、それを担保にお金を借りることができるので、運転資金を確保することができます。売掛債権担保融資の保証制度もあり、中小企業が資金を調達しやすくなる制度も現在は運用されているので、従来に比べると中小企業は資金調達がやりやすいです。

売掛債権担保融資では、売掛先の安定度によって融資額が決まってきます。借主が返済できない場合は売掛債権を担保に回収をするため、その回収の見込みに応じて評価が異なるのは当然のことです。もちろん、単位売掛先の企業の信頼度だけではなく、取引の継続性や借主となる企業側の業績なども判断の対象となります。

税金を滞納している場合は借りにくくなります。これは、税金の回収の方が法的に優先されてしまうため、担保をとっても回収ができなくなる可能性があるためです。売掛債権担保融資は、債権の譲渡をするわけではないため、取引はこれまで通り行っていて問題ありません。債権譲渡の場合は取引先に通知をする必要があります。

通知しないで二社間で行うこともありますが、その場合は貸す側のリスクもあるため買い取られる率は下がります。それに比べると、売掛債権担保融資は取引先に知られることなく資金の調達ができるので、会社の信用不安を取引先にもたれる心配をする必要がありません。これが可能なのが、売掛債権を担保にする時に登記をすることのできる制度があるためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *