売掛債権担保融資を扱っている金融機関

売掛債権は担保として融資を受けるか、別の会社に債権を譲渡して現金化することで、早期に事業資金を確保することができます。

買取のことをファクタリングと言いますが、ファクタリングをするのにあたって金融免許は必要なく、様々な会社が参入することができます。しかし「融資」ができるのは銀行か貸金業社のみです。免許を持たずして融資を行っている会社は違法ですので、絶対に取引をしないようにしましょう。

売掛債権担保融資を扱っている企業の中には普段聞きなれないような会社もあります。ホームページを見れば必ず免許の番号が掲載されていますので、実態を確かめてから売掛債権担保融資を利用するようにしましょう。最低融資額も各社異なり、100万円程度から利用できるところもありますが、少額で利用できる会社は少数です。

融資を行う金融機関も商売ですので、まとまった金額で融資をしたほうが自社にとって利益となり、大口契約を望んでいるからです。個人事業主のように1つの売掛債権の規模が大きくない場合は、売掛債権担保融資を利用するよりファクタリングを利用したほうが早く資金を集めることができるでしょう。

担保融資の場合は将来発生することが予定されている売掛金も担保にすることができるため、請求書を発行していなくても資金調達することができます。ファクタリングは請求書が発行されていることが条件になってしまうため、大型案件を行うときは注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *