売掛債権担保融資の使われ方

売掛債権担保融資は、企業が取引先に対して持っている債権、売掛金を担保にして金融機関等から融資を受ける仕組みのことです。

中小企業に多いですが、売掛金の回収が先になっているために運転資金が不足してしまうといったことがあります。その場合は何らかの方法で資金調達をしなければなりませんが、銀行からの融資は簡単には受けられないために手詰まりになってしまうこともあります。そんな時に活用できるのが売掛債権担保融資です。

これは、回収が先になっている売掛債権を担保にしてお金を借りるという仕組みであるため、普通の融資に比べると担保が存在している分融資を受けやすくなります。また、売掛債権担保融資保証制度というものがありますので、それを利用すると信用保証組合からの保証が受けられるので、金融機関の方も融資しやすくなります。

融資の限度額は、売掛債権に対して掛目を乗じて決定されるのが通常です。これは、売掛先の信用度などを基にして決定されます。例えば、大企業の売掛債権なら回収可能な蓋然性が高いので、掛目は高くなります。

一方、中小企業であれば確実性は下がりますので、掛目は低くなります。これは、融資を行う際に審査をしたうえで決定されるため、事前にどうなるかは予想はできても確実にいくらになるかは審査を受けてみなければわかりません。担保の設定の際に売掛債権の登記制度がありますので、譲渡通知をして売掛先にバレることなく利用することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *