売掛債権担保融資の使われ方や仕組み

売掛債権担保融資は、企業が持っている売掛金を基にして資金の融資を受ける仕組みです。

売掛金は商品やサービスを納入したとしてもビジネス慣習上すぐに支払われないことも多いですが、そういった時にその売掛金を担保にしてお金を借りることができるので、中小企業など資金力があまりない企業にとっては有効活用することができます。売掛債権担保融資は、金融機関や貸し金業者などが行っています。

売掛債権の評価は、それがどの程度回収の見込みが高いのかに応じて変わってきますので、融資を受けられる額も審査を受けなければわかりません。融資なので毎月の支払などについて契約で定め、もし返済ができなくなった場合には売掛債権が貸し手に譲渡されることになります。

売掛債権担保融資には利息の上限が定められていて、100万円を超える融資の場合の上限は15%となっています。不動産を担保にする融資と比較すると利息が高く設定される傾向にあり、おおむね8%から15%の間に設定されることが多いです。

売掛債権担保融資では、売掛金の回収の見込みが審査において判断されます。取引先との取引状況や取引先の業績などもチェックされて評価され、最終的に限度額などが決定されるという流れです。審査では取引の継続性も重視されるようです。

一時的な取引よりも、長く継続して取引している方が評価が高くなります。ただし、審査においては借りる側の企業の業績なども判断されるので、単純な審査にはなっていないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *