売掛債権担保融資制度の特徴について

売掛債権担保融資では、売掛金を担保としてお金を借ります。

貸すのは金融機関や貸金業者です。売掛債権の回収は比較的先になりますが、それでは資金的に余裕のない中小企業は困ってしまうこともあります。そんな時に活用されるのが売掛債権担保融資です。現在では、担保を登記することのできる仕組みがあって、取引先に通知をしなくても活用できるので、利用されるようになってきました。

担保として売掛債権を提供するので、一般的な銀行の融資に比べると借りやすくなります。ただし、不動産担保融資に比べると、利率が高く設定されるようです。法律上の上限金利は、100万円を超える融資額の場合は15パーセントとなっています。

売掛債権担保融資も融資である以上審査がなされますが、これは取引先の状況や取引の継続性、融資を受ける企業の経営状況などいろいろな部分が見られます。売掛債権を担保にする以上、もし返済が滞った場合にはそれで回収することができなければなりませんので、取引先からの回収見込みはそれなりに重く見られます。

売掛債権担保融資には公的な保証制度も用意されていて、活用することでより借りやすくなります。信用保証協会による保証で資金を借り、返済ができなくなった場合は貸した側に80パーセントが代位弁済される部分保証です。保証には根保証型と個別保証型があり、前者は一定の範囲内の額の保証を自動的に行うもので、後者は特定の債権についての保証が行われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *