カードローンは用途が多い金融商品です

カードローンは目的別のタイプと特に利用目的を定めないタイプのサービスがあります。

例えば、以下のようなサービスを用意している銀行やローン会社があります。リフォームに使うタイプの製品で、契約者の住宅リフォームにローン資金を使うことを限定した商品です。他には教育限定のローン商品で、契約者の子供の幼稚園から大学院までの学費に充てることを条件にしたタイプの商品もあります。他には、太陽光発電システムを購入することを条件に利用できるカードローンもあります。

それに対して、ローン審査に合格したらどのような用途に使ってもらっても使い道を問われない商品もあります。カードローンには、一般タイプのものとエグゼクティブタイプのものとに分けて提供している銀行やローン会社があります。それらの違いはローンにかかる審査の難易度が異なるということです。難しい方の審査に合格したらより多くの金額を借りることができたり、金利の低いサービスを享受できるようになっています。

カードローンに申し込むのはかなり簡単です。銀行やローン会社の店舗に直接出向いて、店舗のスタッフやATMから申し込むという方法があります。または、直接店舗まで行かなくてもインターネットから申し込みをできるケースが増えています。場合によってはローンの申し込みをしたその日のうちに審査結果がメールなどで送られてきます。そのメールを読んで手続きを進めればすぐに現金を手にすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *