カードローンの特徴を知っておく

消費者金融に代表されるカードローンですが、使い方を間違わなければ、使い勝手のあるカードです。

このカードによってお金を工面することになるため、必ず借りた金額を返済する目途がなければ使用すべきではないのです。例えば、給料日前に是非とも参加したい飲み会があったようなケースだと、カードローンで借りても、給与日がすぐに到来するという返済すべき財源が担保されているような場合には特段問題はないのです。

しかしとりあえず目の前の急場をしのぐために借りたような場合、返済すべき財源がない状況に借りているために、指定された時期に返済するのが厳しくなり、挙句の果て、他の会社から更にカードローンで借りて、そのお金を返済にあてたりしています。そういう人が地獄をみることでイメージが悪くなっているだけで本来は使い方によっては有用なカードです。基本的に消費者金融で扱っているのは比較的少額ですが利率が高くリスクがありますが審査は比較的スムーズに進めることができて全般的には借りやすくで、金額によってはスピーディに対応してくれます。

一方、銀行系の場合には金額は比較的高く、また審査も消費者金融よりも時間がかかり、すぐにお金が必要という状況では対応しにくいと言えます。それぞれに特徴があるため、状況によって使い分けることが大切ですが、そのような状況になることが想定された場合には早めに手続きをおこなうことが必要で、また返済においても遅滞なく対応することが重要で、遅れた場合には将来の借り入れ等に影響をおよぼすこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *