カードローンの基礎知識

カードローンとは銀行や信用金庫、消費者金融などの金融機関から無担保で融資を受けられる個人向けのローンのことです。

利用する際に金融機関が発行したカードを使って、ATMや現金自動支払機からお金を引き出すのでこのように呼ばれています。無担保で保証人も基本的に必要ないため、利用する際に金融機関からの審査を受ける必要があります。審査と言っても厳格な基準がある訳ではなく、定職に就き安定した収入があるなら基本的に審査に通ります。また、最近は定職がない主婦や学生向けのローンも登場しています。ただ、安定した収入が会っても過去にローンの返済を延滞した人などは審査に通りづらくなるかもしれません。

ローンには自動車ローンや教育ローンのように使用目的が限定された目的ローンと、使用目的が自由なフリーローンの2種類があります。カードローンはフリーローンに分類されるので借りたお金は自由に使えます。生活費に使っても良いですし、借り換えに充てても構わないのです。ただ、フリーローンは目的ローンに比べ金利が高くなります。カードローンも金利は高めに設定されています。

カードローンと混同しがちなものにキャッシングがあります。キャッシングは小口の融資の事で、基本的に借りた翌月に一括返済します。一方、カードローンの融資金額が十万円程度から数百万円までと幅広く、返済も分割払いが基本です。このように融資額と返済方法に大きな違いがあるのですが、最近は分割払いが出来るキャッシングも増えてきているので二つの違いは曖昧になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *