ファクタリングの種類を知っておこう

ファクタリングとは、売掛金の期日を待つことなく資金を回収するシステムのことです。

この制度を利用することで、売掛金をもっている会社はすばやく資金調達をすることができます。資金運転を早くすることによって、業務効率をあげる効果があります。ファクタリングにはいくつかの種類があるので覚えておくといいでしょう。医療機関にもファクタリングを利用することが出来ます。医療機関の場合には、社会保険や国民保険の債権にたいして、請求をすることがあります。この期日を待つことなく、現金を回収したい場合には医療報酬債権ファクタリングを活用するといいです。

売掛金の期日をまたなくても現金を回収できるからです。医療報酬だけでなく、介護報酬や調剤報酬もファクタリングの対象に含まれています。メリットとしては、早く資金回収ができます。しかし、手数料も取られるので利用には慎重にならなくてはいけません。どのタイミングで活用すると一番いいのかを考えて活用するといいでしょう。資金繰りが厳しくなった場合には、このシステムを活用することで改善ができます。

債権回収をする先は国保や社保になります。三者間でやりとりをすることになります。将来的な利益と現状を吟味しながら、このシステムを活用するか考えてみるといいです。また、ほかの医療機関の体験談やレビューを参考にしながら、どのように活用していくと効果があるか勉強しておくと資金を調達するときに便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *