資金調達をするときにはファクタリングをする

医療機関の場合には、資金調達をしっかりとしていかなければいけません。設備投資や人件費など、さまざまなお金がかかるからです。

支払いよりも収入が少なくなってしまうと閉鎖しなければいけない事態に陥ります。特に難しいのが売掛金の回収です。医療機関は医療報酬を受け取るときには患者から3割をもらい、国保や社保から残りの分をもらいます。残りの分をもらうためには回収期日まで待たなくてはいけません。

売掛金を素早く回収するためには、ファクタリングを活用するといいでしょう。ファクタリングとは、債権をもっている側と支払う側のほかに第三者によって資金を回収するシステムです。債権を第三者に渡すことによって、素早く資金を回収することが出来ます。売掛金によって資金を回収することが難しい場合や資金繰りが厳しいときにファクタリングを上手に活用するといいでしょう。医療報酬債権ファクタリングを活用することによって、将来的な利益を失うことについても考えなければいけません。

ファクタリングをする場合には、債権を譲渡する企業に手数料を支払わなければいけません。また、将来的に入ってくる利益を先に獲得するので、将来的に利益がもらえない場合に備えなければいけません。経営悪化で売掛金を先に回収する場合には、同時に経営改善もしなければいけません。経営改善と同時にこのシステムを活用することによって、資金調達をしっかりと行い、黒字転換することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *