介護給付金のファクタリングとは

ファクタリングとは、債権を買取ってくれる仕組みおよびその買取業務を行っている会社を指す言葉です。

債権といってもいくつかの種類がありますが、いずれにしても債権は将来に現金に変えることができる権利であり、またその場で決済を行わないため支払う側にとっては多くの現金を持たなくて済むメリットがあります。一方で受け取る側にとっては、すぐに現金とならないのがデメリットといえます。資金に余裕があれば問題ありませんが、現金が急に必要になった場合などには問題となります。

債権を担保に金融機関からお金を融資してもらうという方法もありますが、審査に時間がかかるため急な出費には対応できませんし債権の支払いが行われなければ弁済する義務が発生します。一方で、その点でファクタリングの場合には買取であるため買い取られた債権の返済義務がなくまたスムーズに現金化できるメリットがあります。ただしデメリットとしては手数料が高く債権の満額を現金化することはできず、信用度に応じて1割から3割程度の手数料がとられます。一方で信用力が高い債権として介護給付金があります。

介護給付金は介護サービスを受けた介護保険加入者の利用料金のいくらかを保険料から負担してくれるというものです。しかし介護給付金の支払いは2ヶ月後になります。このためその間は債権として存在することになります。しかし、この介護給付金は確実に支払われる債権でありファクタリングを利用したさいでも低い手数料で現金化することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *