介護給付金とファクタリングのしくみ

現行の介護保険制度のなかでは、高齢者にサービスを提供した事業者は、そのサービスの公費負担部分、いわゆる介護給付金を、国民健康保険団体連合会に対して、毎月請求することになっています。

しかし、介護給付金の請求をしたとしても、すぐにその金額を受け取れるというわけではなく、帳票にもとづく審査を経た上でのこととなりますので、実際の受け取りまでには、だいたい2か月程度はかかってしまうというのがふつうです。その間にはヘルパーの人件費などの費用の支払いは当然発生するものであり、そのままでは資金繰りに窮してしまうといったことにもなりかねません。

こうした場合、介護給付金のファクタリングサービスを利用できれば、資金化を早期にすすめることが可能となり、たいへん便利です。ファクタリングサービスというのは、まだ支払い期日が到来していない介護給付金の債権を、ファクタリング会社に債権譲渡するというもので、これによって資金調達をはかるというものです。介護給付金のような債権は、つねに倒産のリスクを抱えている民間企業との商取引による債権などとは違って、将来かならず支払われるという確実性があるものです。

そのため、ファクタリング会社としても、かなりすんなりと債権譲渡に応じる可能性が高いということができます。こうしたしくみは医療や介護、あるいは障害福祉といった分野でも浸透しつつあり、新しい資金調達の方法として注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *