売掛債権担保融資が適している場合とは

売掛債権担保融資は通常の借金と同じく毎月返済する必要があります。

基本的に分割払いをすることになるので、返済金は借主が用意します。売掛債権を売却するファクタリングの場合は返済金が発生しません。ファクタリング業者は期日に売掛金の支払いを受けることになります。ただし売掛金は口約束で発生するケースも存在します。売掛金が口約束で発生した場合、取引先の経営状況によっては期日に入金されない可能性もあります。期日に売掛金が支払われなかった場合、売掛債権担保融資では借主自身が対応しなければなりません。

ファクタリングの場合は売買契約なので、基本的にサービスの利用者が自ら対応しなくて済みます。売掛債権担保融資には償還請求権がありますが、ファクタリングにはないのが基本です。償還請求権があると売掛金が入金されない場合にサービスの利用者が自ら支払う必要があります。経営状態があまりよくない取引先の売掛金で資金調達を行う場合は、リスクの少ないファクタリングの方が適しています。

取引先の経営状態がよく債務不履行となる可能性が少ないのであれば、売掛債権担保融資の方が少ないコストで資金調達ができます。売掛債権担保融資は保有している売掛債権全体を対象として行われます。支払い期日までの期間が短い場合は、売掛債権を高く評価してもらえます。売掛債権を担保にすれば素早く多額の資金調達が可能です。ただし売掛債権に譲渡禁止特約があるとこの仕組みを利用できません。譲渡禁止特約がある場合は、前もって売掛先と相談して特約を解除する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *