売掛債権担保融資の注意点

取引先が振り出した売掛金を利用して資金調達を行う方法として多くの経営者が利用しているのが売掛債権担保融資です。

売掛債権担保融資を利用すれば指定の期日よりもはやく現金化ができるのでキャッシュフローの改善にも役立ちますし、ファクタリングなどの資金調達方法と比較してお得に現金の確保ができるので、多くの経営者が適切に活用しているのです。そんな便利な売掛債権担保融資ですが、他のサービスと比較して全ての点で万能というわけではなく、利用の際には幾つかの注意点が挙げられます。

具体的にはどの点に気をつけて利用するべきなのかを解説していきます。売掛債権担保融資の注意点としてまず挙げられるのが利用できないケースが有ることです。この融資では売掛金の債権譲渡登記を行う必要があるのですが、この手続は法人しかできないためほとんどのケースで個人事業主は利用できないのです。また法人であっても先方との契約内容に債権譲渡禁止の特約などが盛り込まれている場合には利用ができません。

申し込み前には契約書の内容を今一度確認しておくことが大切なのです。また売掛債権担保融資の多くは証書貸付の形式で行われるのもデメリットと捉えられます。ビジネスローンの場合、一度契約をすれば任意のタイミングで必要な金額の借り入れができるのに対し、証書貸付の形式で資金調達をする場合最初に一括でまとまった資金を借入れ、以降は返済をしていくのみとなります。ビジネスローンと比較すると利便性と自由度では大きく劣るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *