売掛債権担保融資で資金を調達する

事業を運営する上で資金調達は非常に重要なものです。

特に、中小企業の場合は、事業規模によっては銀行からの融資を受けることが難しい場合もあり、経営が順調であっても突然現金が必要な場面が出てきたときにそれを支払えずに信用しなったり経営に深刻なダメージが出たりすることもあります。こうした事態を防ぐための手段として近年注目を集めているのが、売掛債権担保融資です。多くの場合企業間の取引の支払いは、サービスの実施や商品の受け渡しの後に支払われることになります。

金額が決まっていて、支払い期日に支払われるのを待っているお金のことを売掛債権と言いますが、この売掛債権を担保に現金を調達することができるのが売掛債権担保融資です。売掛金は、ほとんどの場合期日までに確実に受け取ることができるので、それ自体が担保になる信用性の高いものであるため融資をする側にとっても回収が確実視され、その期日も短いと言うメリットがあります。

売掛債権担保融資を受ける側は、手数料を支払う必要がありますが、担保を必要とせず審査もそこまで厳しくないことから融資を受け易く、資金調達が容易になると言うメリットがあります。融資を行う会社によっても異なりますが、最短で即日現金化をことができるので急に現金が必要になってたと言う事態にも対応することが可能です。中小企業にとっては、資金繰りの悪化は経営の悪化に直結するため、売掛債権担保融資の重要性が高まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *