売掛債権担保融資とファクタリングの違い

企業の資金調達方法の一つとして売掛債権担保融資というものがありますが、似たようなものにファクタリングというものもあり、両者の区別がついていないという人も少なくありません。

両者は似ているようですが、実はまったくの別物です。売掛債権担保融資というのは、その名の通り売掛債権を担保としてお金を借り入れるというものですが、ファクタリングは売掛債権を売却してしまうというものなので、両者は性質がまったく異なるものといえるでしょう。売掛債権担保融資では、売掛金を担保として借り入れたお金が返せなくなった場合は、担保に供した売掛金などが弁済にあてられることになります。

一方、ファクタリングはそもそも売掛金を売却するというものですから、お金を返済するという必要は基本的にありません。売掛債権担保融資がよく利用されるようになってきた背景には、債権譲渡登記制度の導入があるとされています。

債権譲渡登記制度があるおかげで、売掛債権の権利関係を公的にしっかりと示すことができるため、お金を貸す方も安心して貸すことができるようになりました。また、この制度ができるまでは、融資をしてもらうためには、売掛先からの了承を得なければなりませんでしたが、制度ができてからは売掛先に融資利用を通知する必要がなくなりました。売掛先に通知すると、資金繰りが厳しいのか等と勘繰られ今後の取引を嫌がられる場合もあるので、この制度ができたのは融資利用者にとって有り難いことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *