ノンバンク系のビジネスローンの強みとは

個人事業主などが事業を展開する上で最も苦労する仕事の一つが事業制資金の調達です。

日本では法人が資金調達をする場合には金融機関も喜んで融資をしたがる一方で、バックボーンがない個人事業主に対しての融資対応は冷ややかな傾向があります。個人事業主向けのビジネスローンは、信用金庫や銀行などの銀行系のものもあれば消費者金融などが取り扱うノンバンク系のものもあります。ノンバンク系のビジネスローンと聞くとイメージしにくいと感じる人も多いでしょうは、ノンバンク系のビジネスローンにはどのような強みがあるのでしょうか。

ノンバンク系のビジネスローンの強みとしてまず挙げられるのが申し込み要件の緩さです。銀行系のローンの場合、事業線数や年収などが細かくチェックされますし、契約の際には多くの書類や連帯保証人が必要になるケースが多くみられます。一方でノンバンク系のローンの場合、銀行系ほど申し込み要件は厳しくありませんし、提出する書類も確定申告書・本人確認書類・事業実態を疎明する書類の3点のみで大丈夫というケースも珍しくありません。

また契約までのスムーズさもノンバンク系のビジネスローンの強みです。銀行系ローンは申し込みから契約まで数週間程度かかることが多いのに対し、ノンバンク系は最短で即日契約が可能なケースも珍しくありません。そのため急いでお金を用意しなければならない場合に非常に役立ちます。加えて土日でも申し込みができるケースも多いの融通性が高いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *