ファクタリングで即日資金を調達する方法

日本の企業同士で取引を行った場合、まずは商品やサービスを提供した上で後からその代金を回収する事が多いです。

経営が安定している大企業ならば、こういった取引の方法で多少売掛金が入るのが遅れても特に問題なかったりします。しかし経営状態が不安定な中小企業だと、売掛金が入るのが遅れる事で資金繰りが上手く行かなくなり倒産に追い込まれる事は珍しくないです。同様に貸し倒れとなり、売掛金が未回収になるリスクもあるので注意する必要があります。そういった企業間の取引で生じるリスクですが、ファクタリングを利用する事で回避する事が可能です。

ただしファクタリングは大きく分けて、買取型と保証型の2種類あるので抑えておく必要があります。買取型ですが、企業が売掛金を出来るだけ早く現金化したい時に利用すべきファクタリングです。依頼するサービスによっては即日で現金にする事が可能なので、急ぎでどうしても資金が必要な際には心強かったりします。要は売掛金を売却する事で、手数料を差し引いた金額が受け取れるという仕組みです。

資金繰りが苦しくて即日でも資金調達を行いたい場合には、是非とも利用する事をおすすめします。銀行の融資等と違い、担保を提供する必要はないので中小企業でも利用し易い点も嬉しい所です。保証型の方ですが、信用力に問題がある会社と取引を行う際に利用すべきファクタリングだったりします。もっとも売掛金の貸し倒れを防ぐための、保険的な意味合いが強いサービスです。なので買取型の様に即日資金調達したくて、利用出来る方法ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *