即日の資金調達を可能にするファクタリングの仕組み

経営者にとって最も頭を悩ませる問題の一つが資金調達です。

この問題は事業が順調な局面でも発生する場合があり、経営者であればだれもが経験する可能性のある問題です。そのため、この様な資金繰りの問題に対して柔軟に対応することが出来るようにいくつかの選択肢を用意しておく必要があります。ファクタリングというのはその中の一つとして活用されている方法です。一般にビジネスにおける資金調達と言えば銀行からの借り入れがイメージされます。確かに銀行から資金を借りて資金繰りの問題を乗り切るというのは選択肢の一つです。

しかしながら単純な資金不足の解消のために銀行からの融資の手続きを行うのは必ずしも得策ではありません。決してシンプルで簡単な処理ではありませんし、信用にかかわる部分ですので安易には用いることが出来ない方法です。そして即日資金が必要な場合には使いにくいのです。一方ファクタリングは比較的少額の資金から活用できる仕組みを持つのに加えて、即日の現金化も可能である場合が少なくありません。

その仕組みは近日中に入金が予定されている売掛債権の譲渡という仕組みで成り立っています。そのためファクタリングは金融機関からの借り入れ、いわゆる借金ではないという点が大きな特徴です。債権を買い取ってもらうことで即日資金を調達することが出来るのがこの仕組みのメリットです。一時的かつ少額の資金不足の解決策としては非常に優れたものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *